生き残ったクレジットカードローン

生き残ったクレジットカードローン

平成22年の改正貸金業法の施行により、貸金業界は大きな転換を迫られました。 むしろ、伸るか反るかの厳しい闘いを強いられたのです。 その大きな理由が、改正法によって、貸金業者の利益の源泉となっていた「グレーゾーン金利」が完全に撤廃されてしまったことです。

これによって、大きな利益を上げることが困難になり、加えて、法改正により申し込み時の審査が厳格なものにされ、年収の3分の1までの借り入れしか認められない総量規制も導入されたことから、収入が大きく減ってしまったのです。 そして、記憶に新しい過払い利息の請求ラッシュによって出て行くお金も莫大なものとなってしまったことで、大変な苦境に立たされたのです。

しかし貸金業者、中でも消費者金融は、身近な金融業者として、しかも、担保や連帯保証人などが不要な無担保ローンで、銀行や他の金融機関からの借り入れは難しいとされる人たちにも簡単な審査で貸してくれました。 それによって、助かった、救われたという人も多いのです。 銀行などからお金を借りるとすると、担保や保証人はまず必須条件として要求されます。

また、安定した収入の裏付けを取り、しっかり時間をかけて審査をした上で、ようやく借りることができるようになるのです。 その代わり、金利はより低いものとなっているので、それで良い、あるいはそれで話が通る人はそのような資金調達でOKです。

しかし、安定はしていないが一定の収入がある、専業主婦である、学生であるといった、銀行系のローン審査では満足できる回答をもらえなかった人たちにも、無担保・無保証人でまとまったお金を融資していたのが消費者金融などの貸金業者でした。 改正貸金業法の施行により、状況は一変しましたが、最近では利息制限法の制限金利を守る形で、しかも今までよりは多少厳しい審査にはなってしまうものの、やはり借りやすい、返しやすい、という消費者金融のメリットは健在です。

例えば消費者金融の大手であるアコムなら、自動契約機だけではなく、Webや電話からの申し込みにも最短30分で回答をし、ローンのカードも即日発行したりと機敏です。 また、返済時にも、ATM利用のほか口座引き落としなどの方法を選べ、返済期日も好みで設定できたりします。 また、マスターカードのブランドが付いてクレジット機能のあるアコムマスターカード」なら、クレジット、キャッシングだけでなく全世界でショッピング用カードとしても使えます。